太陽光発電事業

遊休地・耕作放棄地がお金を生むってどういうこと?

『「うちの地所で米や野菜をたくさん作っているんだよ。」子供のころは父親の言葉が自慢の一つでした。でもその農地を相続してみると固定資産税や草刈りなど、本当に大変。どうにかならないでしょうか?』こんなご相談をよく頂きます。

高齢により離農したなど、やむを得ず所有地が耕作放棄地になってしまったお話はよくお聞きします。それほど高額ではないとしても、毎年の固定資産税や、草刈りの労力または草刈り業者への支払いなど、土地を維持していくための費用や負担は大きいものです。

一方では賃貸用の駐車場やアパートなどの活用方法もありますが、固定資産税が増えたり、場所によっては事業性が見込めない場合がよくあります。また先祖代々引き継いだ大切な土地、自分の代で手放すのは忍びないと売却を躊躇される方もいらっしゃいます。

こんなとき、太陽光発電事業はいかがでしょうか。

太陽光発電事業は太陽光によって発電できた電力を、最低20年間、固定買い取り価格で既存の電力会社が買い取るしくみ。買い手を探す手間もなく、在庫の心配をすることなく、仕入れや納期を気にすることなく、長期的な安定収入が見込めます。

遊ばせておいてはもったいない。
遊休地・耕作放棄地がお金を生む方法、
ぜひご検討ください。
  • 50kWの太陽光発電所を設置するのに必要な面積は
  • およそ1,000m2です。
  • 「土地貸し」の場合、賃料を
  • 1m2あたり50円/1年~100円/1年とすると
  • 賃料収入は、年間で50,000円~100,000円
  • 20年間で1,000,000円~2,000,000円となります。
  • さらに弊社では、
  • お借りする土地の固定資産税も
  • ご負担させていただきます。

こんなあなたが対象!
土地に関するよくある悩み

  1. 農業をやめて耕作放棄地になってしまったが、草刈りなどその後の維持管理が面倒。
  2. 土地を売りたいが、売りづらい土地で売れない。
  3. 土地を売りたくはないが、固定資産税が負担になっている。
  4. 相続の手続きが大丈夫か心配。
  5. 子供たちに安定した収益を引き継いでいきたい。
  6. 店舗として貸しているが、入れ替わりも激しく安定した形で収益性を高めたい。
  7. 手間をかけずに収益をあげたい。

そのままにしておくのはもったいない!
土地の悩みが利益・メリットに大変身

  1. 土地の活用で最低20年間の安定収入が可能です。
  2. 万一の停電でも、太陽光の電力を使用できます。
  3. 社会貢献、CRS向上につながります。

休耕田や耕作放棄地となってしまっても、
土地オーナー様には多く不安が付きまといます。

年をとって農業が続けられない、跡取りがいない、農地の借り手が見つからないなど理由は様々ですが、土地の手入れを怠ると、もう一度農地として使おうと思ってもすぐには元には戻りません。

そうは言っても、草刈りや害虫駆除の労力、鳥獣対策や不法投棄防止など業者に委託した場合の費用は、土地オーナー様に重くのしかかることになります。太陽光発電設備を設置して定期的なメンテナンス契約を行えば、土地オーナー様の不安は解消され、売電収入による安定的な収益が見込めます。

荒地のままの場合

  • 草刈りが大変
  • 害虫駆除が大変
  • シカやイノシシが出てきて困る
  • 対策を業者に委託すると大きな出費
  • ゴミの不法投棄が心配

太陽光設置後

  • 定期的なメンテナンスで草刈りの心配がなくなった
  • 手入れされているので害虫駆除の負担がなくなった
  • 太陽光設備の敷地にフェンスを設置したので鳥獣被害がなくなった
  • ゴミの不法投棄がなくなった
  • 売電収入で安定した収益を得る事ができた

ご相談・ご不明点など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問合せ
メールからお問い合わせ
TEL: 027-386-8333

ページトップに戻る